株式会社GLI(ジー・エル・アイ) - 建築用ナノテクノロジー製剤「NanoPhos-Japan(ナノフォス・ジャパン)」

サーファシールドGコーティング

政府の電力固定買取制度(FIT)により、一気に拡がりを見せる太陽光パネル。実際、太陽光パネルの需要は年々上昇傾向にあり、この数年の間で太陽光パネルの国内出荷量は6倍以上にまで増えました。設置費用も安価になり、またパネルの発電量も一昔前とは比べ物にならないほど進歩しました。一般家庭や工場の屋根、空き地であった場所などあらゆる箇所で、太陽光パネルを見かけます。しかし、売電価格が年々引き下げられている現状から、今後は「汚れや不具合による発電効率の損失をできるだけ抑える」メンテナンス・管理の需要が急増するであろうと予想されています。

株式会社GLIは、太陽光パネルの汚れが原因による発電効率低下の対策として、「サーファシールドGコーティング」を推奨しています。メーカーの認定を受けた「優良施工認定店」が全国どこでも施工致します!!見積り依頼、ご相談は弊社お問合せ窓口、または、最寄の施工認定店へご連絡ください。

太陽光発電における最重要課題はパネルの“汚れ”

“太陽光発電用パネルの汚れ”が深刻な問題として取り上げられています。

砂・埃で汚れた太陽光パネル(ソーラーパネル) 鳥の糞で汚れた太陽光パネル(ソーラーパネル) 糞や餌の飛沫で汚れた太陽光パネル(ソーラーパネル) 雨だれによる砂の積層汚れがある太陽光パネル(ソーラーパネル)

太陽光パネルはほとんどガラスで出来ています。ガラスという材質と、設置されている角度も味方し、ある程度の汚れは雨で洗い流すことは出来ます。しかし、雨の少ない季節は当然による汚れ、花粉・黄砂と言った大気中に含まれる汚染物質による汚れは表面に残ってしまいます。また、雨が降っても鳥の糞餌の飛沫による汚れはなかなか落ちませんし、砂や黄砂にいたっては雨だれによって引き起こされる砂の積層汚れになります。

太陽光パネル(ソーラーパネル)に汚れが蓄積するとどうなるのか?

蓄積された汚れは太陽光パネルを覆ってしまいます。当然パネルが覆われてしまっては太陽光を十分に吸収することが出来ず、発電効率は低下してしまいます。汚れたまま太陽光パネルを放置しておけば、1年間で5%~10%の発電効率低下(※当社調べ)をまねくことになります。

下部の写真は専門業者による洗浄・メンテナンスを受けた後1ヶ月半経過した太陽光パネルです。

洗浄後1ヶ月半経過の太陽光パネル1 洗浄後1ヶ月半経過の太陽光パネル2 洗浄後1ヶ月半経過の太陽光パネル3 洗浄後1ヶ月半経過の太陽光パネル4

1ヶ月半でここまで汚れてしまうのであれば、少なくとも1ヶ月に1度は洗浄をしなければ安定した発電量を確保することは出来なくなってしまいます。年間で換算すれば膨大な洗浄費用が発生することになってしまいます。太陽光発電で得た収益の何割かは洗浄・メンテナンスに費やすことになってしまいます。

サーファシールドGはこのような太陽光パネルの汚れ問題を解決します。


サーファシールドGの詳細はこちら

快適な発電事業を継続していただくために

現在の日本の太陽光発電は、高額の電力買取制度によって事業として発電されている発電所がほとんどです。通常のビジネスにおいて売上げが5%~10%下がった場合どうされますか?当然何かしらの対処をされることでしょう。太陽光発電においても同じです。太陽光発電所を運営する事業者様にとっては、当然ながら売電量=売上げなわけですから、その売上げが5%~10%低下したら対処法を考えなくてはなりません。弊社では、発電事業を行う皆様が安定した発電事業を運営していただけるよう、中・長期的なメリットのある「サーファシールドG」をコーティングをお勧めいたします。
弊社では、お客様にサーファシールドGの効果をしっかりと実感して頂けるよう、定期的にサーファシールドGの施工研修を行い、ご依頼頂いたコーティングは、すべて施工認定店が施工を承ります。施工認定を受けた施工店は、施工技術だけでなくサーファシールドGの製品詳細もしっかりと学んだプロ集団です。商品の特徴や、施工方法等ご不明な点がございましたらお気軽にお尋ねください。

NanoPhosサイトへ
NanoPhos-Japanサイトへ

Gパネルページへ
Gパネルページへ